サロン脱毛と医療脱毛でアフターケアに違いはある?

顔脱毛のアフターケア

 

サロンで脱毛したほうがいいのか、医療脱毛をしたほうがいいのか悩んでいる人もいるかと思います。

 

「サロンと医療脱毛のアフターケアの違いはあるのかな?」

 

「アフターケア以外にも違いはどこなの?」

 

「どっちの方が自分にとってあっているの?」

 

などといった疑問が出てきます。

 

実際、サロンと医療脱毛ではアフターケアに関して違いはあるのでしょうか?

 

では、今回はサロンと医療脱毛のアフターケアの違いについて書いていきたいと思います。

 

サロンと医療脱毛のアフターケアの違いについて

サロンは基本的にきちんとアフターケアを行なってくれます。

 

もちろん、サロンによってアフターケアの方法は違いますが、主にエステマッサージ保湿ローションを塗ってくれたりします。

 

よく、脱毛サロンにいって黒ずみが改善した、ニキビがなくなったという話を聞きますがアフターケアをしっかり行なっているのでその分、肌も保湿されて状態が良くなります。

 

一方、医療脱毛はというと、もちろんアフターケアはしてくれますが医療的な処置がメインになります。

 

なので、エステなどはない場合が多いです。

 

もちろん、契約内容によってそのアフターケアは異なります。

 

指示に従って、自分でもアフターケアを行うことによって、肌が荒れる心配はありません。

 

このように脱毛サロンと医療脱毛ではアフターケアの内容に違いはあります。

 

サロンと医療脱毛どっちがいいのか

では、サロンと医療脱毛ではどっちがいいのでしょうか。

 

先ほども説明したようにサロンはアフターケアが徹底しています。

 

エステやマッサージなどがオプションの中に入っていたり、無料でしてくれたりする場合が多いです。

 

しかし、医療脱毛は契約内容によってアフターケアが違いますし、医療的な脱毛なので医療的な処置をされて終わりという場合が多いです。

 

アフターケアをしっかり行なってほしいという人はサロンの方がいいですが、しっかり脱毛したい、アフターケアは自分でできるという人は医療脱毛でもいいでしょう。

 

まとめ

サロンと医療脱毛のアフターケアの違いについて知っていただけましたか?

 

結果、サロンと医療脱毛のアフターケアには違いはあります。

 

サロンはエステやマッサージなど脱毛以外のサービスもあるのにくらべて、医療脱毛は医療的処置しかない場合があります。

 

なので、どちらがいいかというのは自分の金銭的な問題やアフターケアを自分でできるかなど考えてから選ぶようにしましょう。

 

サロンと医療脱毛のアフターケアの違いについて参考にしてみてください。